妊娠線が産後にできた時はどうしたら良いの?

妊娠線が産後にできた、ということはよくあります。
産後にどうして今できるの?と思う方も多いでしょう。

普通、妊娠中に妊娠線が出来るものですが、
産後に気付くということも良くあるそうです。

 

◇妊娠線が産後にできた時

妊娠線は、産後でもお腹の皮膚が急に伸縮することで、
気付いたら出来ていた、ということもよくあります。

妊娠線の原因として、急な皮膚の伸びによるもの、
妊娠中に分泌されるホルモンやコラーゲンが関わっています。

妊娠線が産後にできた時に考えられることといったら、
コラーゲン生成を抑制するので、伸びた皮膚の再生が
追いつかない状態になってしまうんです。

妊娠線が産後にできると悩む方が多いですが、
普通は妊娠中に出来る方が多く、産後にお腹がしぼむことで
出来ることもあります。

妊娠線は妊娠中に出来ることがほとんどですが、
お腹が大きくなった状態で、見えない時もあります。

妊娠線は妊娠中からあったのだが、見えない状態だから
産後にできたと感じる方もいますし、産後だいぶ経ってから
妊娠線が出来る方もいるんです。

 

◇妊娠線が産後にできた際の対処法

妊娠線が産後にできた際の対処法ですが、
皮膚の代謝サイクルを活発にすることがとても大切です。

妊娠線に変化した真皮は、代謝サイクルが時間をかけて
復活しますので、5年くらいかかるそうです。

 

〇栄養がある食事と温かい飲み物を摂るようにしましょう。
代謝サイクルを活発にするため、食事は大事です。

日に3回、変わることのない食事を意識し、
納豆、レバー、ほうれん草といった血流を良くする食べ物を
積極的に摂るようにしましょう。

 

〇プラセンタを摂取しましょう。
プラセンタの中には、細胞の分解に作用してくれる成分が
入っています。

傷のリペア、回復の助けをしてくれ、メラニンを収縮する
機能も持っており、黒ずんでしまった部分を
白くする作用も持っています。

 

〇毎日、適度に運動するようにしましょう。
代謝サイクルをアップするには、新陳代謝のアップへと
つながっていきます。

普段、体を良く動かす方で、ターンオーバーを活発にするので、
ヨガ、散歩、ストレッチというような、体に無理がない程度、
出来ることから始めてみると良いですよ。

 

妊娠線は産後にできた、ということもありますが、
産後に出来たのではなくて気付いていなかった、
ということが結構多いようです。

産後にできた、ということもありますが、
それに合わせてケアを続けていかなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です